タイ(1):ハジャイ点描と中華三大珍味「ツバメの巣」の実食レポート

8月3日(木曜)、ハジャイはタイ南部で最大の都市で、また中華系の人びとが多く暮らす街としても知られている。なので食べ物屋さんも中華系がかなり目に入る。


朝ごはんのついでに少し散歩をしてみた。飲茶の店があった。

さて「飲茶」、分かる人は始めから、広東語(カントン語)発音由来の「ヤムチャ」と読む。音読みの「いんちゃ」とは言わない。英語ではDIM SUM (ディムサム)となる。これは「点心」の広東語発音からきている。

「DIM SUM」なんて単語はTOEICなんかには多分出てこないかもしれないが、世界を旅する人には重要単語だ。

世界のあちこちにチャイナタウンはあるので、食べるものに困ったらグーグルマップで「DIM SUM」と検索すれば、とりあえず美味しい店にたどり着けるはずだ。

右下の皿は、エビのすり身を湯葉で巻いて揚げたやつ。その奥は豚肉とイカのシュウマイ。合計170バーツ 約680円。
一部残る古い建物。
パダン・べサール行きの列車がハジャイ駅を出ていく。どうやらほぼ定刻の運行。
車両基地も見えた。
古いダイハツの軽トラを乗り合いに改造。味があって好ましい。
路上のドリアン売り。包丁の峰でドリアン本体を叩いて一つ選ぶと、切れ目を入れていく。4室?構造になっているようで、果肉部分を取り出して秤に乗せる。約800gで250 バーツだった。(私が買ったのではなく、様子を見てただけ)

実はここハジャイは、「ツバメの巣」で有名。それは知っていたので、やはり試してみたかった。人生でまだツバメの巣の料理は口にした事はない。グーグルマップに出てくる店の料理画像やメニュー、口コミを何度も見返しては、イメージトレーニングだ。少しづつ分かってきたのは、等級があって100バーツから1000バーツの開きがあることだ。やはり、男は黙って1000バーツか。

でも1000バーツは約4000円ですからね。スープ一杯に4000円。一生に一度とはいえ逡巡しますわ。

その前に、「ツバメの巣」に突撃する前に火照った気持ちを落ち着かせるため、ご当地グルメの「豚足の煮込み」を通常の昼ごはんとして食べておこう。

肉がとろけて最高。
人気店なようで、ひっきりなしに人が来ていた。
「アローイ・カップ(美味しかった)」と言って、会計をする。ドリンク付きで100バーツ。

市内には何店舗か「ツバメの巣」を出すところがあり、また「フカヒレ」も同時に出すのが普通のようだ。一度下見をしておいたここで勝負に挑むことにした。

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次